保湿をする

アトピーの人はこまめに保湿を

アトピーの人は他の人より肌が弱くケアが大変です。汗をかいたらアトピーにしみて痛いし乾燥したら粉が吹いて痒くなるしと季節によって症状が変わるのでつらいです。下手したら1年中つらい人だっています。女性は特に思春期から人目が気になり始めて敏感に反応してしまうし、大人になったら化粧をします。化粧をしたら肌が荒れてしまって化粧が出来なくて嫌だっていう人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが日々保湿することです。日々保湿と言っても洗顔後や入浴後だけじゃありません。日中でも何度も保湿してください。外出している時も鞄の中に化粧水を入れておいてください。小さいスプレーに移しておくとかさばりません。お手洗いに行くたびにこまめに保湿をするようにしましょう。

常に携帯しておくこと

なぜここまでこまめに保湿をしないといけないのか簡単に説明します。アトピーの人は他の人より肌が弱く保湿力がないです。そのため掻いてしまい自分で自分の肌を傷付けてしまうということになります。それを防ぐために肌に潤いを与えなければなりません。保湿をすることで肌が常に潤っていて痒くなることが少なくなります。このことから常に化粧水を携帯しておきましょう。化粧水をつけたあと両手で肌を包み込むように触ってあげるとより肌に浸透しやすいのでそうすることをおすすめします。あと化粧水はたっぷりと使ってください。少量だと肌の保湿にならないので意味がありません。あと出来れば化粧水のあと乳液を塗るとより保湿効果があるのでおすすめです。アトピーの人はこまめにケアしたら少しずつ肌がよくなるのできちんとおこない快適な毎日を過ごしましょう。